RSS

タグ : デザイン

芝のキレイな緑との枕木エクステリア

枕木外構工事編です。

当社取扱いの枕木設置の考えでしたが、要望が有り枕木の擬石設置と芝にて駐車場をリニューアル致しました。

本工事はなんと言っても、難易度が高い工事です。
それは、輪立ち部分は重さがかかる為しっかり下地を作る反面、芝部分は芝の根が張れるやわらかな下地を作る事で機械的にやってもだめな事。又、枕木の擬石の接着にモルタルを使う事で、その周辺にアクがでて、芝がだめになる可能性がある為アクが芝に行かない工夫をする事が重要です。

現状の写真になります。
DSC_0565
  既存コンクリートはヒビも入っておらず
  きっちりコンクリートを打っている様です。

これが完成写真です。芝の方向を45度傾けても面白かったかも知れません。
DSC_0604
  芝のベースは西洋芝です。少し特殊な芝を使いました。
  枕木と芝のコントラストは大変キレイです。

既存はコンクリート先ずは解体です。
DSC_0592
  解体中のコンクリートから、かなり強度がありますね!
  30年程度たった土間のコンクリートとのお話。
  コンクリートは、段々強度が発生し50年程度で最大の強度がでてきますのでこのコンクリートは現在で最大に近い強度に成熟しているのでしょう。

  おまけですが、解体屋さんです。怖そうな面構えですが、やさしいです。
DSC_0593

先ずは砂を持って来てもらい様子見です。
DSC_0594
  これから、天圧差のある部分天圧を行います。

石下地の下部分の天圧が完了です。
  芝の部分と、擬石部分を完全に分け、天圧差を変えます。
  機械で天圧すると、均一にはなりますが、芝の部分迄天圧がかかるので
  今回はレーキを使いました。
DSC_0595  
  アルミのレーキは(グラウンド均しの様な道具)、天圧をかけた時に
  音で、石等硬い物を見つけられるので大変重宝です。
  納得がいくまで、確認です。

枕木の擬石を設置した状態です。
DSC_0601
  配置設計より前面の配置を変えました。
zumenn
  現場で配置してみて、しっくり来なかったからです。
  前面に長物を使用する事で、前後方向の単純さを削除してみました。
  

芝貼り中です。
DSC_0603
  今回複数の西洋芝の種類をいくつかあわせた物ターフを使いました。サッカーのグラウンド等に使っており常緑をキープできます。

芝と枕木外構の完成です
DSC_0607
  枕木部分に砂を撒きながらの芝貼りですが、完成後水やりと一緒にキレイにします。
  こうしてみると、模造品とは思えません。よく見るとパターンが一緒です。
  

子供に最上のウッドデッキとは!

DSC_0633

加工場にてパーツを加工し、設置後の写真となります。
光の反射が大変きれいで、光の反射で玉虫色の輝きがあります。

DSC_0623

設置する前のベランダの写真です。
この場所に設置いたします。写真のサンダルから、
通常は大人もサンダルに履き替え出ています。

園庭は砂がありますので、通常の戸建とは違い砂ベランダ迄
あります。もちろん材間の寸法は室内とは変えます。簡単な清掃で下に落ちる為の隙間
で園児の足が落ちない寸法が重要です。

DSC_0634

サッシ前のすのこの設置です。
当然ながら、ベランダには傾きがありますが、竣工時当時の
公共物基準から、傾きを算出し、先行加工でフラット化しています。

又、サッシのすのこはサッシ迄ぴったりのジャストフィットです。
(通常はコンクリートの壁が前にせり出ているので
隙間が生まれます)

DSC_0627

サッシ前から、ガーデンシンクにつながる渡り通路デッキの
設置後の写真です。

手前の切れているのが、園児の為に作成した、ガーデンシンクです。

DSC_0633

渡りデッキの手前からの写真です。

当初の要望は、洗い場からサッシ迄とのお話でした

お話の中で、園児のお子様を手洗い場で手を洗って、
通路を渡り、室内に入れます

DSC_0625

ガーデンシンクを設置した写真です。
ステンレス・工業石ではなく、木製でシンクを作成しました。
シンクはなんと言っても水が漏れない工夫が必要です。
(企業秘密です)
又、手洗いの他に足を洗う事も考慮し、子供が落ちない・危なくない・洗っていても楽しいを考え、フラットシンクを作成させていただきました。

DSC_0636

通した、全景の写真になります。

通常シンク等を設置すると、本来の広さより狭くなり、スペース感がなくなります
全ての材料を統一する事で、視覚的に広く感じさせています。

お問合せは【お問い合わせ】迄

サーモウッドで作る、ガーデンシンク

日本人は昔から、木で色々な物を作ってきました。
住宅はもちろん、橋も色々な技術を合わせ作ってきた文化があります。

今回は、サーモウッドでガーデンシンクを作ります。
(檜風呂もあるし、風呂おけも木製がありますよね)

先ずは、流しのすのこを特別に作成します。
DSC_0609
通常つくる、すのこ状を作成です。この時サーモウッド材間から水が落ちない様工夫が必要です。

排水金具を埋め込む為の穴を開けます。
DSC_0612
穴を先に開けても、後にあけても問題はありませんが、サーモウッドすのこと
排水金具のバランスを決定できなかったので、今回は、先に組んでから、穴を開けることにしました。

後は、金具をセットして排水処理は完了です。
DSC_0614

後は、どう水を使っていくかを考えます。
今回は、保育園の0~1歳の園児の手洗いが主に利用する為、大人が使うサイズではだめです。
まだ、しゃがめないはずですので、
・簡易の椅子に座り、手を洗える高さ
・園庭から足を洗う事もできる高さ
以上から、からり低い深さにする事にしました。
出来上がりは、この様な形です。
DSC_0615

DSC_0619

サーモウッドは材料の安定性がありすぎるので、通常は水分を計算し、膨張する作用
を利用し水密性を保ちます。

今回の製作はその点の工夫がポイントになります。

お問合せは【お問い合わせ】迄

保育園ベランダ

前回に引続き、保育園のバルコニーにサーモウッドを設置します。
0歳が外にアプローチをする為、コンクリートでは少し危険な為、すのこ状のサーモウッドすのこを設置する事になりました。

歩ける様になり始めると、イペやウリンのハードウッドでは硬すぎる為危険!
事実、ハードウッドは横浜のランドマークの様に完全に靴の状態で
コツコツ音がするのは大変心地よいですが、0歳~1歳だと手を着く事も想定し、
ハードウッドは避けた方が良いです。

特に問題なのは、ささくれの硬さです、さすがハードな為、バルコニーで遊んだ子供の足には、
小さな短いささくれの嵐でした。子供自体は痒くてかいていて気が付いたのが発端でした。
最終は病院のケアとなりました。ささくれには気をつけましょう。

今回のサーモウッドすのこは、園庭の砂を考慮し、隙間は5mmで砂を下に落とす仕様にします。
DSC_0590
今回面取りは、掃き掃除だけで、下に砂が落ちるように少し大きくとっています。

出来上がりはこの様になっています。
DSC_0591
出巾が大きいので、少し迫力があります。材はTOPからステンレスビスで留めです。
取り付け方法の選択は、保育園の行事毎にサーモウッドを移動、収納する事が考えられメンテナンスを考慮した結果です。

又、サーモウッドの隠れた特色は、色の反射です。室内の蛍光灯で取った写真ですが、いまだに、玉虫色に光るのが大変不思議です。
室外では、夕日ではなく、朝日を浴びると玉虫色になるので、紫外線に対しなんらかの反射が起きているようです。
これは、後々研究していきたいと思います。

今回は、この他に、サーモウッドと使った新たな挑戦をしています。
内容は次回に掲載したいと思いますので、楽しみにしていてください。
(多分、実施は日本初?・世界初と思います)・・・うまくいくかな~~

保育園玄関すのこ・サーモウッドデッキ

新年も早いもので、中盤にさしかかってしまいました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか? ノロウイルスがはやっているとの事ご自愛ください。
本年、最初の作業は保育園の玄関エントランスです。下駄箱とのかねあいから
すのこが必要な状態です。
そのでのすのこ作成状況です。2台(両側)の作成です。
保育園を見学した時、ほとんどが素足でしたので、小さい足をかけても
傷が付かない・痛くならない様完全に面をとり安全を重視!

0歳児から通園しているので、表面に釘・ビスが一切見えないように作成
全体はこの様になります。尚、走り込んでも滑らない様ゴムを裏に装着しています。

2台目の面取りの状況です。2台目は台形型で鋭角部が下駄箱側になります
ミリ単位で面を取っています。

台形タイプの全体像です。
玄関エントランスはキレイに清掃はされているので、ほこりは落ちない様、
2台共、隙間は1mmで製作です。

ビフォーアフターは
homes
で公開致しますので、ご興味のある方は、ごらんになってください。
(ブログでは、製作過程・仕様の詳細を掲載しています。)

ご質問等は【お問い合わせ】迄

漆喰みがき

面白い、試作をしてみました。
漆喰の磨きです。
通常は単色で徹底的に磨き鏡の様にするのですが、今回は少しデザイン的に作る為、
マーブル調に仕上げる為、半艶にしてみました。
先ずは、ボードにテープで範囲を決め、下塗りを塗布。


下地はこんな感じですね。

顔料を混ぜて、白い漆喰に着色し中塗りをしてみました。

これでは、表情がない為、仕上げは顔料の量をマーブルにして仕上げ塗りをしました。

最後は磨きに磨いて、完了です。(左官のこては使用せず磨いてみました。)
反射感が撮影できなかったのが、少し残念です。

壁際の処理

今回は、昔(4・5年前)に施工した
データがあったので、乗せてみます。
それは、床のフローリングの処理です。


通常は巾木といわれる物で、壁と床の見切りとして取り付けますが、そのような物は取り付けません。
取り付けない事でシンプル且つフラット感が出ます
無用な物を排除すると室内の際はこの様になります。
ちなみにかなりの精度が必要で、今の大工さんでは、時間がかかりまずやってはくれないかなと思います。

プリンのお家

先日、ウッドデッキを作った時の余材の工夫で
プリン(オーナーのワンちゃん)のお家を作りました。

あれこれ、悩んで、60cm角で作ってみました。
(プリンの体のサイズに対して若干大きかった様です)
無垢材だったので、少し重いのが難点かな、出入り口のデザインは検討要かな!
屋根勾配がきついので、高さは低くても良かったかも?
色々検討は必要のようです。

腐らないレトロな看板

ひさしぶりなUPになります。
今回は、大変面白い注文があったので、製作過程を含めUPしてみたいと思います。
少し、レトロな看板です。設置場所(電柱につけるか?等詳細は不明で一任された状態でのスタートです)

まず、外部・道路に設置する事がある為(道路に設置は警察にきちんと届けてね!)材をサーモウッドで検討です。
材の細長さを解消する為、3cmで製材、内部パネルをつける為、溝を彫りとりあえず、製材・加工は完成。


内部のパネルは、黒板式も検討しましたが、あえて単純なホワイト合板にしました。
電柱には、紐よりマジックテープが脱着が簡単な為、パネルに切り欠きをする事で4cm迄のマジックテープ
迄使えます。


後は、角の高級感を出す為、面を取ります。(通常の面ではなく、銀杏面(よくお寺にある感じ)をとって
完了です。

枕木による アートでレトロな外構 <<庭作り>>

今回、新たにエクステリア(外構・庭作り)にアートでレトロな外構作りを始めました。

それは、本物の枕木を使ったものです。
【本物の国産】の枕木を使います。
なんといっても、【大変ごつい】です。樹種にもよりますが。
1個 70kg~120kgのしろものです。耐用年数は100年以上、

加工には、ガソリンチェーンソーを使います。(丸のこでは、加工できない大きさと硬さです)
ベンチ等いろいろ、使えます

ご質問等は【お問い合わせ】迄