RSS

タグ : 開発

店舗トイレ洗面カウンターの工夫

前回、凝りに凝った洗面カウンターを作りましたが、もっと発展させたいとの話しから、
もっとすっきりさせ、且つ機能をプラスを依頼されました。

出来上がりはこんな感じです。
DSC_0315
四角い穴は、ゴミ箱口になります。

ゴミ箱が無い方がすっきりするとの要望からの結果です。

あまり、写真を撮らなかったので細かい所は割愛いたしますが
三角のカウンター下部に扉をつける為、通常の形式ではできませんので、全体的に、扉に工夫しています。
DSC_0301
扉事態の出来上がりは上になります。

DSC_0303
色については、大変こだわりを持っており、カウンターと同色で製作したいますが。完全にマットの仕上がりにしています。上の写真は塗装を始めた時の写真なので艶が出ています。

少し遊びで、おまけ家具を作りました。
3面家具で、物を隠すのに最適です。
DSC_0267

角を取って、磨きます。

DSC_0257

後は、接続部品をつけて部品は完了です。

DSC_0263

後は組み立てれば、完了で 隠し家具の完了です。

漆喰みがき

面白い、試作をしてみました。
漆喰の磨きです。
通常は単色で徹底的に磨き鏡の様にするのですが、今回は少しデザイン的に作る為、
マーブル調に仕上げる為、半艶にしてみました。
先ずは、ボードにテープで範囲を決め、下塗りを塗布。


下地はこんな感じですね。

顔料を混ぜて、白い漆喰に着色し中塗りをしてみました。

これでは、表情がない為、仕上げは顔料の量をマーブルにして仕上げ塗りをしました。

最後は磨きに磨いて、完了です。(左官のこては使用せず磨いてみました。)
反射感が撮影できなかったのが、少し残念です。

枕木による アートでレトロな外構 <<庭作り>>

今回、新たにエクステリア(外構・庭作り)にアートでレトロな外構作りを始めました。

それは、本物の枕木を使ったものです。
【本物の国産】の枕木を使います。
なんといっても、【大変ごつい】です。樹種にもよりますが。
1個 70kg~120kgのしろものです。耐用年数は100年以上、

加工には、ガソリンチェーンソーを使います。(丸のこでは、加工できない大きさと硬さです)
ベンチ等いろいろ、使えます

ご質問等は【お問い合わせ】迄

ウッドデッキの販売

ひさびさのUPになります。
かなり、ばたばたしていたので(_ _)
というのも、新規で、ウッドデッキ(組み立て式)を企画し今後販売していく為、
ばたばたしておりました。
高知県の材木メーカーと話をまとめていたので、かなりのばたばたでした。
先ずは、試作品はこんな感じです。


高知県産の天然木材を使用しています。
しかも、完全乾燥(スーパーサーモ)にしているので、材料の経年変化で狂いが起きません。
又、加工の過程で色が茶色に(木材内外)変化するので、塗装の必要がありません。
設置等の販売は行ける範囲の設定ですが!

ご質問等は【お問い合わせ】迄

新たな計画!

古都 川越の近所で 新たな計画の予感です。
地区計画に絡む構想です。
第一案の計画の全体像です。

1階部は駐車場? 店舗?
さてどちらになるのでしょうか?

2階のコンコースでは何がもようされるのか?

こうご期待です。

自動車塗布実験の結果

さて本日は、面白い実験の結果を載せてみます。
自分の会社で扱っている、紫外線・金赤外線遮断の混合液体金属
(夏の暑いじりじりした感・夏の暑さを遮断・冷気・熱放出を食い止める代物です)
自動車の硝子に塗布した時、有効に働くか?自動車硝子の透明性が車両法にのっとり適法であるか?の実験の可視光線通過率実験の結果です。
下がサイド硝子に塗布した時の写真!

余りに透明な為、塗布したかわからない位の透明感です。
塗布したかどうか一番良くわかる写真

サイドミラーは塗布しており、若干の灰色感がかすかに確認できる位です。
これを乾燥させ、所轄の田園調布警察署・池上警察署に持ち込み確認してみました。
結果は、両署とも問題無しとの事。(但し、そんないい加減では困るので)
今度は陸運局に持ち込み相談、打ち合わせた結果、可視光線通過率でOKだったら良いとの事。
最終ディーラーに持ち込んだ試験の結果です。
とても簡単でした。


数値的な結果は、フロント硝子(未施工)

助手席硝子(塗布済)写真の箇所の数値です。

結果は、7%可視光が遮断されるだけの結果で法規的・行政的OKの結果が得られました。
陸運局と結果を基に話しに行ったら、
「輸入車のベ○ツの運転席硝子の濃い色の方がが問題なんだよな!」との事でした。
車両の退避・進入熱対策は万全が良いですね~
温度的な試験も行っています。少しまとめたら 『実験結果2』で公開します。

ご質問等は【お問い合わせ】迄