RSS

タグ : 製作過程

店舗トイレ洗面カウンターの工夫

前回、凝りに凝った洗面カウンターを作りましたが、もっと発展させたいとの話しから、
もっとすっきりさせ、且つ機能をプラスを依頼されました。

出来上がりはこんな感じです。
DSC_0315
四角い穴は、ゴミ箱口になります。

ゴミ箱が無い方がすっきりするとの要望からの結果です。

あまり、写真を撮らなかったので細かい所は割愛いたしますが
三角のカウンター下部に扉をつける為、通常の形式ではできませんので、全体的に、扉に工夫しています。
DSC_0301
扉事態の出来上がりは上になります。

DSC_0303
色については、大変こだわりを持っており、カウンターと同色で製作したいますが。完全にマットの仕上がりにしています。上の写真は塗装を始めた時の写真なので艶が出ています。

少し遊びで、おまけ家具を作りました。
3面家具で、物を隠すのに最適です。
DSC_0267

角を取って、磨きます。

DSC_0257

後は、接続部品をつけて部品は完了です。

DSC_0263

後は組み立てれば、完了で 隠し家具の完了です。

カスタムメイドの手洗い

最近は、かなり嗜好の強い要望が多く、なかなか対応に苦慮しています。
その中でも、特に力を入れているカスタムメイドを中心に、UPをしていきます。

要望のあったのは、和風飲食店のトイレ 手洗いのカスタムメイドです。
出来上がりはこんな感じですが、色々な試行錯誤を行っています。
senmen5

手洗い器は、既製品ではなく、飲食店に合う物をと言う要望で、先ずは打ち合わせです。
ありとあらゆる素材が考えられましたが、その中で、候補にあがったのは、お店にも使っている器の陶芸作家の作風が
お店にあっているとの事、その作風を取り入れる事にしました。
下の写真は組み上げ、部品として完成した物が店のイメージに合うか、試した時の写真です。
イメージどおりになっています。
DSC_0157
決定した、手洗い(器)を手にすると、通常の既製品の物とはだいぶ違います。
さすが、焼物(やきもの)といった所です。重量もあり・陶磁器です。
苦労したのは、排水の穴を開ける作業です。大きく穴を開けたり・割ってしまう事はできません(この世に2つとないからです)
小さな穴を開け、精密なルーターで徐々に広げていくしかありません。
そこの穴を広げている写真ですが、最初1cm程度の穴を開けた瞬間に横に広がっていってしまいます
その部分を徐々に広げている作業です。

カウンターに着色している状態です。
実は、ブラックの前に、ウォールナット色の物を作りましたが(器と同色にする為)
手洗いが浮き出ない為、黒色に再度作り直ししたカウンターです。
senmen2

写真上にある、幕板は付ける予定ではなかったのですが、排水の接続ニップルが出る為それを隠す為に付ける事にしました。
実は、色は黒ではなく、限りなく深い緑です。
senmen1

部品自体の製作が終わり、一度組み上げて撮った写真です。
店舗のトイレはかなり暗いのでシルエットがはっきりしています。
(組みあがり確認時は屋外で撮影しています。)
senmen3
トイレのスペース、設置する手洗いの大きさ、それに付随するカウンターのボリューム
そのもろもろのサイズに対し排水口に給水が当たる様、水洗を選びました。
(実際は若干、排水口からずれていますが!!)
senmen4

実際の設置した写真です。
うまく取れなかったのが残念です。
senmen6

トイレを癒しの空間へトイレリフォーム

トイレを癒しの空間へ
WC1

トイレは生活するうえで比較的多くの時間を占めます。今回のトイレ改修は既存のトイレの他 空間を最大限利用しカウンター洗面を少し、おしゃれに、ポストモダンのデザインで仕上げてみました。

カウンター洗面だけでは単に洗面をつけただけになり面白みが出なかったので、可能な限り横の広がりをカウンターで表現し狭い空間に対し、横の広がりを作りました。
WC2

WC5

WC3

洗面器はメーカー品ではなく、海外製品を使用しました。四角い洗面器に対し丸いカウンターが緩やかな感触を出しています。
WC4

サーモウッドを利用した店舗用イーゼル看板

今回は、サーモウッドを利用した店舗用イーゼル看板を取り上げ紹介致します。

店舗に合う、イーゼル型の店舗看板です。サーモウッドは野外に強い・塗装が無くてもアンティーク感が出る為、
作成・納品致しました。仕様はマグネット式ホワイトボードです。

簡易型は黒板を使用した、小さな物は多々ありますが、
かなり大きい物を要望で市販では販売はされていません。

先ずは材のサイズを決定です。
今回、タイプA・タイプBを作成しました。
タイプAは完全なイーゼル型
DSC_0765

タイプBはLEDでホワイトボードが強調されるよう工夫した物です
DSC_0765

真ん中の物は、ウッドポケット(A4チラシを入れるそうです)
照明が付くとこんな感じです。少し明るすぎました。
DSC_0767

DSC_0768

先ずは、材の構成を検討です。

余り材の大きすぎるのはバランスが悪い為、

サーモウッドを裂いての材をとりました。
DSC_0755

ホワイトボードを載せ全体のバランス確認です。
DSC_0756

仮組をしたらこんな感じです。
DSC_0758

ヘッド部分を加工し・調整です。
DSC_0760

イーゼルはほとんどが3脚式です、
その為の足をつけていきます。
DSC_0762

足が、大地にがっちり着く様カット準備です。
DSC_0757

足のゴムをつけるとこんな感じです。
DSC_0759

出来上がりです。
角度をきちっと揃える事・
ホワイトボードの大きさ・
位置により重心が変化し、バランスが悪くなり、難しい作業でした。
DSC_0765

サーモウッドはその風合いからアンテェークが出ます。製作可能な物は製作いたします。(当たり前ですね!)

お気軽にお問合せください。

バーカウンター設置!!

今回、小さな店舗のカウンターを設置する事になりました。
元々、居ぬきの予定が、カウンターのみを持っていかれた様です。

今回の目玉はなんと言っても、一枚物のカウンターを店舗いっぱいに設置です
通常、ハリボテを作るのですが、思いっきり本格的にしてみました。

すごく苦労したのは、一枚物なので、店舗内で回転できなかった事です。
一度外に出して、再度入れ直しました。

DSC_0692

設置する前の状態です。
床のテープはどのラインにカウンターを設置するかのバミテープです。

DSC_0697

DSC_0698

先ずは、カウンターを垂れなくする為の子壁作りです。
ついでに、壁の穴も補修です。

DSC_0713

DSC_0700

カウンターの設置です。手前の保健所対応手洗いも付けてみました。

DSC_0702

DSC_0703

角の仕上げです。今回は、加工場で加工はせず(輸送中に傷が付くのが怖かった為)
現場にて、製作機械を持ち込んでの加工でした。
よって、大変綺麗です。尚、全体のバランスを考え面は大きくとりました。

DSC_0711

DSC_0712

後は、キッチンの出入り口を設置です。
自動閉鎖の金具があった為、扉の手掛けも含め、扉上部はこの様に致しました。

DSC_0716

ほぼ完成です。床はそのまま使用するとの事なので、お掃除して完了です。

芝のキレイな緑との枕木エクステリア

枕木外構工事編です。

当社取扱いの枕木設置の考えでしたが、要望が有り枕木の擬石設置と芝にて駐車場をリニューアル致しました。

本工事はなんと言っても、難易度が高い工事です。
それは、輪立ち部分は重さがかかる為しっかり下地を作る反面、芝部分は芝の根が張れるやわらかな下地を作る事で機械的にやってもだめな事。又、枕木の擬石の接着にモルタルを使う事で、その周辺にアクがでて、芝がだめになる可能性がある為アクが芝に行かない工夫をする事が重要です。

現状の写真になります。
DSC_0565
  既存コンクリートはヒビも入っておらず
  きっちりコンクリートを打っている様です。

これが完成写真です。芝の方向を45度傾けても面白かったかも知れません。
DSC_0604
  芝のベースは西洋芝です。少し特殊な芝を使いました。
  枕木と芝のコントラストは大変キレイです。

既存はコンクリート先ずは解体です。
DSC_0592
  解体中のコンクリートから、かなり強度がありますね!
  30年程度たった土間のコンクリートとのお話。
  コンクリートは、段々強度が発生し50年程度で最大の強度がでてきますのでこのコンクリートは現在で最大に近い強度に成熟しているのでしょう。

  おまけですが、解体屋さんです。怖そうな面構えですが、やさしいです。
DSC_0593

先ずは砂を持って来てもらい様子見です。
DSC_0594
  これから、天圧差のある部分天圧を行います。

石下地の下部分の天圧が完了です。
  芝の部分と、擬石部分を完全に分け、天圧差を変えます。
  機械で天圧すると、均一にはなりますが、芝の部分迄天圧がかかるので
  今回はレーキを使いました。
DSC_0595  
  アルミのレーキは(グラウンド均しの様な道具)、天圧をかけた時に
  音で、石等硬い物を見つけられるので大変重宝です。
  納得がいくまで、確認です。

枕木の擬石を設置した状態です。
DSC_0601
  配置設計より前面の配置を変えました。
zumenn
  現場で配置してみて、しっくり来なかったからです。
  前面に長物を使用する事で、前後方向の単純さを削除してみました。
  

芝貼り中です。
DSC_0603
  今回複数の西洋芝の種類をいくつかあわせた物ターフを使いました。サッカーのグラウンド等に使っており常緑をキープできます。

芝と枕木外構の完成です
DSC_0607
  枕木部分に砂を撒きながらの芝貼りですが、完成後水やりと一緒にキレイにします。
  こうしてみると、模造品とは思えません。よく見るとパターンが一緒です。
  

格安・収納注文棚を提供してみました。【クローゼット・ランドリー・収納・トイレ】

新築住宅購入時に、収納・棚関係が無く、収納スペースの確保の為
格安で注文棚・枕棚をご提供してみました。
大手メーカーさんですと金額が高価な為かなり検討されているようでした。

【クローゼット編】
取り付ける前の写真です。
DSC_0650
今回はクローゼットに柱が有り、変形タイプになります。
ご要望は収納スペース確保の為、カンガーがかけられるぎりぎり迄
パイプを通す事にしました。(L型です。)

先ず、材料の選定です。
荷重も検討し集成材を使う事にしました。
DSC_0638
手に入る材料があれば何でもできますが!。これから加工をしていきます

前框の加工・取り付け
板の前に框を加工し準備です。
(これは、荷重がかかった時の材の変形を防ぐものです。)
DSC_0643
丁度ひっくり返していますので、取り付け時は天地逆になります。

材ひとつ、ひとつもコーナー角を落とし、安全に丁寧に加工させていただきます。
DSC_0642
ほぼ、ここまでいくと、家具屋さんに頼むレベルです。

パイプの取り付けです。
DSC_0646
今回はL型で、既製品には無い物を提供する事にしました。

取り付け後の写真です。
DSC_0656
DSC_0653
DSC_0655
ビスキャップを取付、今後高さを変える事も可能にしています。

特に今回は、設置時間も最短での依頼の為、事務所で組み上げ
現場では、取り付けのみを実施しています。
現場をきちっと計らせていただいたおかげで、きっちりした物を納める事ができました。
又次回は、ビスの仮取付けも実施してみたいと考えています。

【ランドリー編】
取り付け中の写真です。
DSC_0647

ランドリーパイプ
DSC_0648
ランドリーパイプを設置しました。
ケースとして、棚にパイプをつけるケースもありますが
手前になるべくかけたいとの要望でしたので、単独でかける事にしました。
通常は湿気がこもらない様、あけて使用するとの事。
来客時に扉を閉め、乾燥させるとの事で。場所がシビアでした。

棚設置後の写真です。
DSC_0649
ランドリーパイプは丁度扉の後ろにある為、見えません

尚、トイレ・収納中の可動棚は、取り付けに夢中だった為写真はありません。あしからず

お問合せは【お問い合わせ】迄

子供に最上のウッドデッキとは!

DSC_0633

加工場にてパーツを加工し、設置後の写真となります。
光の反射が大変きれいで、光の反射で玉虫色の輝きがあります。

DSC_0623

設置する前のベランダの写真です。
この場所に設置いたします。写真のサンダルから、
通常は大人もサンダルに履き替え出ています。

園庭は砂がありますので、通常の戸建とは違い砂ベランダ迄
あります。もちろん材間の寸法は室内とは変えます。簡単な清掃で下に落ちる為の隙間
で園児の足が落ちない寸法が重要です。

DSC_0634

サッシ前のすのこの設置です。
当然ながら、ベランダには傾きがありますが、竣工時当時の
公共物基準から、傾きを算出し、先行加工でフラット化しています。

又、サッシのすのこはサッシ迄ぴったりのジャストフィットです。
(通常はコンクリートの壁が前にせり出ているので
隙間が生まれます)

DSC_0627

サッシ前から、ガーデンシンクにつながる渡り通路デッキの
設置後の写真です。

手前の切れているのが、園児の為に作成した、ガーデンシンクです。

DSC_0633

渡りデッキの手前からの写真です。

当初の要望は、洗い場からサッシ迄とのお話でした

お話の中で、園児のお子様を手洗い場で手を洗って、
通路を渡り、室内に入れます

DSC_0625

ガーデンシンクを設置した写真です。
ステンレス・工業石ではなく、木製でシンクを作成しました。
シンクはなんと言っても水が漏れない工夫が必要です。
(企業秘密です)
又、手洗いの他に足を洗う事も考慮し、子供が落ちない・危なくない・洗っていても楽しいを考え、フラットシンクを作成させていただきました。

DSC_0636

通した、全景の写真になります。

通常シンク等を設置すると、本来の広さより狭くなり、スペース感がなくなります
全ての材料を統一する事で、視覚的に広く感じさせています。

お問合せは【お問い合わせ】迄

サーモウッドで作る、ガーデンシンク

日本人は昔から、木で色々な物を作ってきました。
住宅はもちろん、橋も色々な技術を合わせ作ってきた文化があります。

今回は、サーモウッドでガーデンシンクを作ります。
(檜風呂もあるし、風呂おけも木製がありますよね)

先ずは、流しのすのこを特別に作成します。
DSC_0609
通常つくる、すのこ状を作成です。この時サーモウッド材間から水が落ちない様工夫が必要です。

排水金具を埋め込む為の穴を開けます。
DSC_0612
穴を先に開けても、後にあけても問題はありませんが、サーモウッドすのこと
排水金具のバランスを決定できなかったので、今回は、先に組んでから、穴を開けることにしました。

後は、金具をセットして排水処理は完了です。
DSC_0614

後は、どう水を使っていくかを考えます。
今回は、保育園の0~1歳の園児の手洗いが主に利用する為、大人が使うサイズではだめです。
まだ、しゃがめないはずですので、
・簡易の椅子に座り、手を洗える高さ
・園庭から足を洗う事もできる高さ
以上から、からり低い深さにする事にしました。
出来上がりは、この様な形です。
DSC_0615

DSC_0619

サーモウッドは材料の安定性がありすぎるので、通常は水分を計算し、膨張する作用
を利用し水密性を保ちます。

今回の製作はその点の工夫がポイントになります。

お問合せは【お問い合わせ】迄

保育園ベランダ

前回に引続き、保育園のバルコニーにサーモウッドを設置します。
0歳が外にアプローチをする為、コンクリートでは少し危険な為、すのこ状のサーモウッドすのこを設置する事になりました。

歩ける様になり始めると、イペやウリンのハードウッドでは硬すぎる為危険!
事実、ハードウッドは横浜のランドマークの様に完全に靴の状態で
コツコツ音がするのは大変心地よいですが、0歳~1歳だと手を着く事も想定し、
ハードウッドは避けた方が良いです。

特に問題なのは、ささくれの硬さです、さすがハードな為、バルコニーで遊んだ子供の足には、
小さな短いささくれの嵐でした。子供自体は痒くてかいていて気が付いたのが発端でした。
最終は病院のケアとなりました。ささくれには気をつけましょう。

今回のサーモウッドすのこは、園庭の砂を考慮し、隙間は5mmで砂を下に落とす仕様にします。
DSC_0590
今回面取りは、掃き掃除だけで、下に砂が落ちるように少し大きくとっています。

出来上がりはこの様になっています。
DSC_0591
出巾が大きいので、少し迫力があります。材はTOPからステンレスビスで留めです。
取り付け方法の選択は、保育園の行事毎にサーモウッドを移動、収納する事が考えられメンテナンスを考慮した結果です。

又、サーモウッドの隠れた特色は、色の反射です。室内の蛍光灯で取った写真ですが、いまだに、玉虫色に光るのが大変不思議です。
室外では、夕日ではなく、朝日を浴びると玉虫色になるので、紫外線に対しなんらかの反射が起きているようです。
これは、後々研究していきたいと思います。

今回は、この他に、サーモウッドと使った新たな挑戦をしています。
内容は次回に掲載したいと思いますので、楽しみにしていてください。
(多分、実施は日本初?・世界初と思います)・・・うまくいくかな~~