RSS

タグ : 事例

床下地の作成

今回は、事務所の床下地の作成のお話です。
通常、1階の床は構造部位とは扱わない為、一般に建て方のみを発注すると、
もれなく、床なしで作業が終わっしまいます。 
やり方は古来あるやり方【在来】で工事をしました。
下記は、土台を設置した後の写真になります。

床換気が十分取れている事・土台材を、杉の赤身芯持材を考慮し土間コン無しで実施です。
通常、これほど、上質な土台材を東京近郊で使う事はないでしょう。
下は、土台材搬入時の写真です。

これほどの材はうちだけでしょう!
後は、根太を付けて、断熱材を入れて下地完了です。

仕上げは、どのでも見れるので、今回は下地のみのお話です。
尚、別棟もあったので、UPしておきます。

本棟は重量鉄骨でのパネル事務所・前棟は木造のパネル事務所です。構造が違うと同じ在来工法の床ですが、組み方も違うので大変楽しい工事でした。

1階ウッドデッキ

大変、期間の開いたUPになります。
今回のご紹介は、当社が誇るウッドデッキです。
当社の使用するデッキ材は、サーモウッドです。
しかも、国産の杉をサーモ化したものになります。

完成写真になります。写真が下手で表現しきれませんが、
光の受け方により玉虫色に反射します。

側方からの写真になります。
もともとはお庭の4/3がスプルスのウッドデッキでしたが,
土台の防腐未処理と、デッキ材の防腐塗装の弱点から、
短期間で腐敗してしまったようです。


通常の木材は内部に栄養素がある為、
腐敗菌を含めこのようになってしまします。
サーモウッドは、木材をミイラ化をしているので、
この様にはなりません。

店舗の内装として

久々の更新です。
昨今、力を入れている、当社のサーモウッドの新しい使い方を発見したので、
工事写真と共に2回に分けてUP致します。
■当社の扱っているサーモウッドは、国産の杉を使用しているので、大変木の表情が豊かです。
その、表情を前面に出し、あえて、床ではなく、店舗の壁に使用してみました。
まずは、下記が完成写真です。

ハードウッドでは無く、油分の少ない杉なので、かなりのさらさら感で肌触りが最高です。
(ブログではつたえられないのが残念!)
表情はこんな感じになりました。


質感は人工的な感じはまったく無く、まさに『天然』といった感じです。
特に、塗装をする必要が無い為、工期も大変早く、塗装費も浮き、ダブルメリットです。
次回は、『サーモウッドの厚みが生んだメリット』とお店『麻布 青い秘密基地』をご紹介いたします。
こうご期待

ウッドデッキの販売

ひさびさのUPになります。
かなり、ばたばたしていたので(_ _)
というのも、新規で、ウッドデッキ(組み立て式)を企画し今後販売していく為、
ばたばたしておりました。
高知県の材木メーカーと話をまとめていたので、かなりのばたばたでした。
先ずは、試作品はこんな感じです。


高知県産の天然木材を使用しています。
しかも、完全乾燥(スーパーサーモ)にしているので、材料の経年変化で狂いが起きません。
又、加工の過程で色が茶色に(木材内外)変化するので、塗装の必要がありません。
設置等の販売は行ける範囲の設定ですが!

ご質問等は【お問い合わせ】迄

鏡取り付け・・

かなりご無沙汰しています。
かなり、ばたばたしており更新がままならない状態です。
さて、今回は店舗の工事の紹介です。
大規模では無いのですが、美容室の改装です。
改装前はこんな感じ

席数を広くする為、真ん中の柱を撤去し鏡を大型にします。
(額もアンティーク調で取り付けました。)

こんな感じです。
一枚もので作りたかったのですがご予算もある為2分割で・
尚、簡単にレイアウトしてみました。

かなり、前と比べて広さ感が格段にUPしています。

複雑な形

本日は大変冷たい雨です。
身も凍る感じです。
雲もたれこめていてなんだか憂鬱です。
さて、模型を制作しました。
外壁の色を決めるのに役立てようとの試みです。


実際は植栽・近隣の家との関係がある為、周りも作った方が良いのですが。ちょっぴり手抜きです。
奥は敷地の斜線の関係で大変複雑です。



要望は全て盛り込んでいるので、問題は無いのでしたが、今思うと大変複雑な形状ですね~。