RSS

カテゴリー : 内装

店舗のおしゃれなブラインド

ひょんな事から、店舗のブラインドを付ける事になりました。
店舗はコンクリート打放しのデザイナー店舗です。
設置後の全体の雰囲気です。
DSC_0228
たたんだ時の雰囲気はこの様な感じです。
全体の雰囲気を乱さず収めます。
DSC_0226

当初の話では、ただ単にブラインドを付けるだけとの事。
通常であれば、ブランドを付けるのは何の問題もありませんが・・
打合せにいって見ると、トップライトの天窓につけるブラインドで
しかも、トップライト周辺はかなり複雑な天井で・・
高所でした・
しかも最低限の取り付けが要求されています。

色々な考え方はありましたが、今回は店舗の雰囲気から、

ありとあらゆるシンプルなデザインの方向でいく事にしました。

まずは、ブラインドを付けられるステイを取り付けです。
店舗での加工を最低限にする為、全ての部品を作業場で加工し
今回の現場作業は取り付けのみでいきます。
DSC_0202
上記の写真は天井の状態ですが、既にステイを付けています。

DSC_0220
収めた時の天井はこの様になります。
限りなくトップに付けているので、この位のボリュームでおさまります。

DSC_0225
ブラインドを下げた時の側面の写真です。

カスタムメイドの手洗い

最近は、かなり嗜好の強い要望が多く、なかなか対応に苦慮しています。
その中でも、特に力を入れているカスタムメイドを中心に、UPをしていきます。

要望のあったのは、和風飲食店のトイレ 手洗いのカスタムメイドです。
出来上がりはこんな感じですが、色々な試行錯誤を行っています。
senmen5

手洗い器は、既製品ではなく、飲食店に合う物をと言う要望で、先ずは打ち合わせです。
ありとあらゆる素材が考えられましたが、その中で、候補にあがったのは、お店にも使っている器の陶芸作家の作風が
お店にあっているとの事、その作風を取り入れる事にしました。
下の写真は組み上げ、部品として完成した物が店のイメージに合うか、試した時の写真です。
イメージどおりになっています。
DSC_0157
決定した、手洗い(器)を手にすると、通常の既製品の物とはだいぶ違います。
さすが、焼物(やきもの)といった所です。重量もあり・陶磁器です。
苦労したのは、排水の穴を開ける作業です。大きく穴を開けたり・割ってしまう事はできません(この世に2つとないからです)
小さな穴を開け、精密なルーターで徐々に広げていくしかありません。
そこの穴を広げている写真ですが、最初1cm程度の穴を開けた瞬間に横に広がっていってしまいます
その部分を徐々に広げている作業です。

カウンターに着色している状態です。
実は、ブラックの前に、ウォールナット色の物を作りましたが(器と同色にする為)
手洗いが浮き出ない為、黒色に再度作り直ししたカウンターです。
senmen2

写真上にある、幕板は付ける予定ではなかったのですが、排水の接続ニップルが出る為それを隠す為に付ける事にしました。
実は、色は黒ではなく、限りなく深い緑です。
senmen1

部品自体の製作が終わり、一度組み上げて撮った写真です。
店舗のトイレはかなり暗いのでシルエットがはっきりしています。
(組みあがり確認時は屋外で撮影しています。)
senmen3
トイレのスペース、設置する手洗いの大きさ、それに付随するカウンターのボリューム
そのもろもろのサイズに対し排水口に給水が当たる様、水洗を選びました。
(実際は若干、排水口からずれていますが!!)
senmen4

実際の設置した写真です。
うまく取れなかったのが残念です。
senmen6

トイレを癒しの空間へトイレリフォーム

トイレを癒しの空間へ
WC1

トイレは生活するうえで比較的多くの時間を占めます。今回のトイレ改修は既存のトイレの他 空間を最大限利用しカウンター洗面を少し、おしゃれに、ポストモダンのデザインで仕上げてみました。

カウンター洗面だけでは単に洗面をつけただけになり面白みが出なかったので、可能な限り横の広がりをカウンターで表現し狭い空間に対し、横の広がりを作りました。
WC2

WC5

WC3

洗面器はメーカー品ではなく、海外製品を使用しました。四角い洗面器に対し丸いカウンターが緩やかな感触を出しています。
WC4

オープン台所のリフォーム

今回、台所の再設置を行ないました。
LDKが広い状態だったので、オープンのキッチンを設置いたしました。
asi1

部屋を広く使う工夫の為、オープンキッチンをあえて設置しました。
キッチンのカラーはブルーを基準に設置。
ベース床が強い色なので、同じブルーでも濃い色を選択です
asi2
他の食器棚はシルバーで統一です。
asi5

テーブルはキッチンの前におく事を想定し、照明器具も配置
しかも、位置は変えられる様、レール式のスポットを基準にしています。
asi4

asi3

多色を使ったフランス風クロス工事マンションリフォーム

今回もクロス工事のサンプル例をご紹介いたします。
最近、クロスで色々な表現をご要望なオーナー様が大変大きく、前回は、
一色を基準に、アクセントを付け、色々な表現をして見ました。
今回は通常では行なわない、多色を使い部屋の空間のよさを最大限に引き出してみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
緑のクロスは7.5畳の部屋になります。
白を基調に薄い緑が大変落ち着きます。

もうひとつの部屋は薄いピンクです。
通常壁一面に色を使うと圧迫感が出ますが、バランスを考慮しクロスを選択
したので、かなり上品に造っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キッチンは、黒ベースのキッチンの為、キッチン廻りの色は白系。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LDKは色々な物が設置される事を想定し、白系を選択しまとめています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常では、黒・白・緑・ピンク・茶色はあわせられないのですが、
上品にまとめて見ました。

青のクロスによる癒し空間マンションリフォーム

今回はプラスウッドネットの趣旨とは少しずれ
クロス工事の掲載です。

クロスにより、居住空間の雰囲気はがらっと変わります。
通常住宅では、日本では白系のクロスを選ぶのが一般的です。それは空間が広く見えるからです。
大きな1LDKのリフォームだった為色の制限がありませんでした。
そこで、今回は、特に青にこだわって造った物件のご紹介です。
shuuB2
床の色の具合も悪くはありません
(予算があれば、床も貼り直した方が良いですね)
特に、フランス系はかなり派手な色使いですが、床は大理石系の色を選ぶとかなり合っていきます。
shuuB6

もともと、設備備品はヨーロッパ調の物が配置されており
shuuB5shuuB3
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

shuuB4

単純なクロスカラーでは、雰囲気が出せないのでかなり高級なクロスではありますが、
贅沢に使用い、既存の設備に合わせて見ました。
shuuB1

基本青がベースのクロス工事ですが 色々な青がありテクスチャーが出る物件で
かなり古いマンションですが古さがアンティークに変化した物件です。

バーカウンター設置!!

今回、小さな店舗のカウンターを設置する事になりました。
元々、居ぬきの予定が、カウンターのみを持っていかれた様です。

今回の目玉はなんと言っても、一枚物のカウンターを店舗いっぱいに設置です
通常、ハリボテを作るのですが、思いっきり本格的にしてみました。

すごく苦労したのは、一枚物なので、店舗内で回転できなかった事です。
一度外に出して、再度入れ直しました。

DSC_0692

設置する前の状態です。
床のテープはどのラインにカウンターを設置するかのバミテープです。

DSC_0697

DSC_0698

先ずは、カウンターを垂れなくする為の子壁作りです。
ついでに、壁の穴も補修です。

DSC_0713

DSC_0700

カウンターの設置です。手前の保健所対応手洗いも付けてみました。

DSC_0702

DSC_0703

角の仕上げです。今回は、加工場で加工はせず(輸送中に傷が付くのが怖かった為)
現場にて、製作機械を持ち込んでの加工でした。
よって、大変綺麗です。尚、全体のバランスを考え面は大きくとりました。

DSC_0711

DSC_0712

後は、キッチンの出入り口を設置です。
自動閉鎖の金具があった為、扉の手掛けも含め、扉上部はこの様に致しました。

DSC_0716

ほぼ完成です。床はそのまま使用するとの事なので、お掃除して完了です。

格安・収納注文棚を提供してみました。【クローゼット・ランドリー・収納・トイレ】

新築住宅購入時に、収納・棚関係が無く、収納スペースの確保の為
格安で注文棚・枕棚をご提供してみました。
大手メーカーさんですと金額が高価な為かなり検討されているようでした。

【クローゼット編】
取り付ける前の写真です。
DSC_0650
今回はクローゼットに柱が有り、変形タイプになります。
ご要望は収納スペース確保の為、カンガーがかけられるぎりぎり迄
パイプを通す事にしました。(L型です。)

先ず、材料の選定です。
荷重も検討し集成材を使う事にしました。
DSC_0638
手に入る材料があれば何でもできますが!。これから加工をしていきます

前框の加工・取り付け
板の前に框を加工し準備です。
(これは、荷重がかかった時の材の変形を防ぐものです。)
DSC_0643
丁度ひっくり返していますので、取り付け時は天地逆になります。

材ひとつ、ひとつもコーナー角を落とし、安全に丁寧に加工させていただきます。
DSC_0642
ほぼ、ここまでいくと、家具屋さんに頼むレベルです。

パイプの取り付けです。
DSC_0646
今回はL型で、既製品には無い物を提供する事にしました。

取り付け後の写真です。
DSC_0656
DSC_0653
DSC_0655
ビスキャップを取付、今後高さを変える事も可能にしています。

特に今回は、設置時間も最短での依頼の為、事務所で組み上げ
現場では、取り付けのみを実施しています。
現場をきちっと計らせていただいたおかげで、きっちりした物を納める事ができました。
又次回は、ビスの仮取付けも実施してみたいと考えています。

【ランドリー編】
取り付け中の写真です。
DSC_0647

ランドリーパイプ
DSC_0648
ランドリーパイプを設置しました。
ケースとして、棚にパイプをつけるケースもありますが
手前になるべくかけたいとの要望でしたので、単独でかける事にしました。
通常は湿気がこもらない様、あけて使用するとの事。
来客時に扉を閉め、乾燥させるとの事で。場所がシビアでした。

棚設置後の写真です。
DSC_0649
ランドリーパイプは丁度扉の後ろにある為、見えません

尚、トイレ・収納中の可動棚は、取り付けに夢中だった為写真はありません。あしからず

お問合せは【お問い合わせ】迄

土佐和紙クロス スタートキャンペーン

スタートキャンペーンを実施致します。
土佐和紙クロスを下記価格でご提供させて頂きます。

商品名 キャンペーン価格
竹皮入り 530円/m⇒450円/m
桧入り 530円/m⇒450円/m
熊笹入り 530円/m⇒450円/m
雁皮入り 白 530円/m⇒450円/m
雁皮入り 黄 530円/m⇒450円/m
雁皮入り 濃 530円/m⇒450円/m
雁皮入り 淡 530円/m⇒450円/m
雁皮入り 水色 550円/m⇒450円/m
麻・雁皮・楮・空 550円/m⇒450円/m
麻入り 薄藤 550円/m⇒450円/m
すさ入り 桜 550円/m⇒450円/m
楮 雲龍 若草 550円/m⇒450円/m
金箔入り 550円/m⇒450円/m
オクラ 530円/m⇒450円/m
麻入り 白 530円/m⇒450円/m
麻入り 茶 530円/m⇒450円/m
炭入り 530円/m⇒450円/m
藁入り 530円/m⇒450円/m
三椏入り 黄 530円/m⇒450円/m
三椏入り 茶 530円/m⇒450円/m
楮入り 白 530円/m⇒450円/m
楮入り 黄 530円/m⇒450円/m
ケナフ皮入り 緑 530円/m⇒450円/m
ケナフ皮入り 白 530円/m⇒450円/m
ケナフ皮入り 茶 530円/m⇒450円/m
ケナフ幹入り 白 530円/m⇒450円/m
ケナフ幹入り 茶 530円/m⇒450円/m
御膳 600円/m⇒500円/m
利休 600円/m⇒500円/m
小判 600円/m⇒500円/m
元禄 600円/m⇒500円/m
夫婦 600円/m⇒500円/m
飛鳥 600円/m⇒500円/m
やだけ 600円/m⇒500円/m
もうそう 600円/m⇒500円/m
はちく 600円/m⇒500円/m

【キャンペーンの詳細】
※1 キャンペーン期間は2月迄の納入で先着20現場とさせて頂きます。
   (同一期間でも、別発送日になる場合、カウントは2となります。)
※2 キャンペーンは数量30~50m 又は90m以上の数量のみとなります。
お問い合わせは【http://www.pluswood.net/contact.html】迄

漆喰みがき

面白い、試作をしてみました。
漆喰の磨きです。
通常は単色で徹底的に磨き鏡の様にするのですが、今回は少しデザイン的に作る為、
マーブル調に仕上げる為、半艶にしてみました。
先ずは、ボードにテープで範囲を決め、下塗りを塗布。


下地はこんな感じですね。

顔料を混ぜて、白い漆喰に着色し中塗りをしてみました。

これでは、表情がない為、仕上げは顔料の量をマーブルにして仕上げ塗りをしました。

最後は磨きに磨いて、完了です。(左官のこては使用せず磨いてみました。)
反射感が撮影できなかったのが、少し残念です。