RSS

子供に最上のウッドデッキとは!

DSC_0633

加工場にてパーツを加工し、設置後の写真となります。
光の反射が大変きれいで、光の反射で玉虫色の輝きがあります。

DSC_0623

設置する前のベランダの写真です。
この場所に設置いたします。写真のサンダルから、
通常は大人もサンダルに履き替え出ています。

園庭は砂がありますので、通常の戸建とは違い砂ベランダ迄
あります。もちろん材間の寸法は室内とは変えます。簡単な清掃で下に落ちる為の隙間
で園児の足が落ちない寸法が重要です。

DSC_0634

サッシ前のすのこの設置です。
当然ながら、ベランダには傾きがありますが、竣工時当時の
公共物基準から、傾きを算出し、先行加工でフラット化しています。

又、サッシのすのこはサッシ迄ぴったりのジャストフィットです。
(通常はコンクリートの壁が前にせり出ているので
隙間が生まれます)

DSC_0627

サッシ前から、ガーデンシンクにつながる渡り通路デッキの
設置後の写真です。

手前の切れているのが、園児の為に作成した、ガーデンシンクです。

DSC_0633

渡りデッキの手前からの写真です。

当初の要望は、洗い場からサッシ迄とのお話でした

お話の中で、園児のお子様を手洗い場で手を洗って、
通路を渡り、室内に入れます

DSC_0625

ガーデンシンクを設置した写真です。
ステンレス・工業石ではなく、木製でシンクを作成しました。
シンクはなんと言っても水が漏れない工夫が必要です。
(企業秘密です)
又、手洗いの他に足を洗う事も考慮し、子供が落ちない・危なくない・洗っていても楽しいを考え、フラットシンクを作成させていただきました。

DSC_0636

通した、全景の写真になります。

通常シンク等を設置すると、本来の広さより狭くなり、スペース感がなくなります
全ての材料を統一する事で、視覚的に広く感じさせています。

お問合せは【お問い合わせ】迄

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。