RSS

店舗トイレ洗面カウンターの工夫

前回、凝りに凝った洗面カウンターを作りましたが、もっと発展させたいとの話しから、
もっとすっきりさせ、且つ機能をプラスを依頼されました。

出来上がりはこんな感じです。
DSC_0315
四角い穴は、ゴミ箱口になります。

ゴミ箱が無い方がすっきりするとの要望からの結果です。

あまり、写真を撮らなかったので細かい所は割愛いたしますが
三角のカウンター下部に扉をつける為、通常の形式ではできませんので、全体的に、扉に工夫しています。
DSC_0301
扉事態の出来上がりは上になります。

DSC_0303
色については、大変こだわりを持っており、カウンターと同色で製作したいますが。完全にマットの仕上がりにしています。上の写真は塗装を始めた時の写真なので艶が出ています。

少し遊びで、おまけ家具を作りました。
3面家具で、物を隠すのに最適です。
DSC_0267

角を取って、磨きます。

DSC_0257

後は、接続部品をつけて部品は完了です。

DSC_0263

後は組み立てれば、完了で 隠し家具の完了です。

店舗のおしゃれなブラインド

ひょんな事から、店舗のブラインドを付ける事になりました。
店舗はコンクリート打放しのデザイナー店舗です。
設置後の全体の雰囲気です。
DSC_0228
たたんだ時の雰囲気はこの様な感じです。
全体の雰囲気を乱さず収めます。
DSC_0226

当初の話では、ただ単にブラインドを付けるだけとの事。
通常であれば、ブランドを付けるのは何の問題もありませんが・・
打合せにいって見ると、トップライトの天窓につけるブラインドで
しかも、トップライト周辺はかなり複雑な天井で・・
高所でした・
しかも最低限の取り付けが要求されています。

色々な考え方はありましたが、今回は店舗の雰囲気から、

ありとあらゆるシンプルなデザインの方向でいく事にしました。

まずは、ブラインドを付けられるステイを取り付けです。
店舗での加工を最低限にする為、全ての部品を作業場で加工し
今回の現場作業は取り付けのみでいきます。
DSC_0202
上記の写真は天井の状態ですが、既にステイを付けています。

DSC_0220
収めた時の天井はこの様になります。
限りなくトップに付けているので、この位のボリュームでおさまります。

DSC_0225
ブラインドを下げた時の側面の写真です。

カスタムメイドの手洗い

最近は、かなり嗜好の強い要望が多く、なかなか対応に苦慮しています。
その中でも、特に力を入れているカスタムメイドを中心に、UPをしていきます。

要望のあったのは、和風飲食店のトイレ 手洗いのカスタムメイドです。
出来上がりはこんな感じですが、色々な試行錯誤を行っています。
senmen5

手洗い器は、既製品ではなく、飲食店に合う物をと言う要望で、先ずは打ち合わせです。
ありとあらゆる素材が考えられましたが、その中で、候補にあがったのは、お店にも使っている器の陶芸作家の作風が
お店にあっているとの事、その作風を取り入れる事にしました。
下の写真は組み上げ、部品として完成した物が店のイメージに合うか、試した時の写真です。
イメージどおりになっています。
DSC_0157
決定した、手洗い(器)を手にすると、通常の既製品の物とはだいぶ違います。
さすが、焼物(やきもの)といった所です。重量もあり・陶磁器です。
苦労したのは、排水の穴を開ける作業です。大きく穴を開けたり・割ってしまう事はできません(この世に2つとないからです)
小さな穴を開け、精密なルーターで徐々に広げていくしかありません。
そこの穴を広げている写真ですが、最初1cm程度の穴を開けた瞬間に横に広がっていってしまいます
その部分を徐々に広げている作業です。

カウンターに着色している状態です。
実は、ブラックの前に、ウォールナット色の物を作りましたが(器と同色にする為)
手洗いが浮き出ない為、黒色に再度作り直ししたカウンターです。
senmen2

写真上にある、幕板は付ける予定ではなかったのですが、排水の接続ニップルが出る為それを隠す為に付ける事にしました。
実は、色は黒ではなく、限りなく深い緑です。
senmen1

部品自体の製作が終わり、一度組み上げて撮った写真です。
店舗のトイレはかなり暗いのでシルエットがはっきりしています。
(組みあがり確認時は屋外で撮影しています。)
senmen3
トイレのスペース、設置する手洗いの大きさ、それに付随するカウンターのボリューム
そのもろもろのサイズに対し排水口に給水が当たる様、水洗を選びました。
(実際は若干、排水口からずれていますが!!)
senmen4

実際の設置した写真です。
うまく取れなかったのが残念です。
senmen6

トイレを癒しの空間へトイレリフォーム

トイレを癒しの空間へ
WC1

トイレは生活するうえで比較的多くの時間を占めます。今回のトイレ改修は既存のトイレの他 空間を最大限利用しカウンター洗面を少し、おしゃれに、ポストモダンのデザインで仕上げてみました。

カウンター洗面だけでは単に洗面をつけただけになり面白みが出なかったので、可能な限り横の広がりをカウンターで表現し狭い空間に対し、横の広がりを作りました。
WC2

WC5

WC3

洗面器はメーカー品ではなく、海外製品を使用しました。四角い洗面器に対し丸いカウンターが緩やかな感触を出しています。
WC4

キッチン・冷蔵庫のジャストサイズリフォームセット

今回、キッチンだけのトータルリフォームを行ないました。
通常は、エコな素材のみを使い建物の色々な事を行なっていますが、今回は新建材等と使った仕様になります。
少し特殊ですね!

DSC_0018
施工箇所は床フローリング・壁天井クロス替えの他・キッチンの入れ替えです。
全体のコーデェネートを考え、照明器具等電気工事も実施致しました。

DSC_0019
今回の目玉は、台所スペースの最大限有効活用で、キッチン・冷蔵庫をぴったり計画、なんとそのスペースは1cm
家電屋運送屋さんは持って着た時、『造り付けの様にぴったりですね』との事

LDKは余り広くないので全体のカラーはシンプルで実施
住みながらの工事で又、工期が大変短かったですが大変喜ばれた物件になりました

DSC_0005
今回の台所の入れ替え前の写真になります。
奥見えるタイル貼りは、本物件の竣工時からの物で
このボーダータイルはかなり珍しいので、残す事にしました。
キッチンはLDKで余りスペースあ無いので部屋のカラーはシンプルにしました。

DSC_0001
リフォーム前の床状態です。
大切に使われてはいましたが、築40年の為限界が来ています。

DSC_0001
オーナーが出窓に天板を乗せていました。
磨く前の写真はありませんが、見るも無残でしたので
磨いてみました。磨くと完全に鏡の様になっています
(磨き方は企業秘密です)

DSC_0032
床リフォーム後の写真です。
クロスも仕上がっているので全体のバランスがわかると思います。

DSC_0031
床リフォーム後の玄関からの写真です。
玄関自体は替えませんでしたが、框はサーモウッドで特別に製作し取りつけました。

オープン台所のリフォーム

今回、台所の再設置を行ないました。
LDKが広い状態だったので、オープンのキッチンを設置いたしました。
asi1

部屋を広く使う工夫の為、オープンキッチンをあえて設置しました。
キッチンのカラーはブルーを基準に設置。
ベース床が強い色なので、同じブルーでも濃い色を選択です
asi2
他の食器棚はシルバーで統一です。
asi5

テーブルはキッチンの前におく事を想定し、照明器具も配置
しかも、位置は変えられる様、レール式のスポットを基準にしています。
asi4

asi3

多色を使ったフランス風クロス工事マンションリフォーム

今回もクロス工事のサンプル例をご紹介いたします。
最近、クロスで色々な表現をご要望なオーナー様が大変大きく、前回は、
一色を基準に、アクセントを付け、色々な表現をして見ました。
今回は通常では行なわない、多色を使い部屋の空間のよさを最大限に引き出してみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
緑のクロスは7.5畳の部屋になります。
白を基調に薄い緑が大変落ち着きます。

もうひとつの部屋は薄いピンクです。
通常壁一面に色を使うと圧迫感が出ますが、バランスを考慮しクロスを選択
したので、かなり上品に造っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キッチンは、黒ベースのキッチンの為、キッチン廻りの色は白系。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LDKは色々な物が設置される事を想定し、白系を選択しまとめています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常では、黒・白・緑・ピンク・茶色はあわせられないのですが、
上品にまとめて見ました。

青のクロスによる癒し空間マンションリフォーム

今回はプラスウッドネットの趣旨とは少しずれ
クロス工事の掲載です。

クロスにより、居住空間の雰囲気はがらっと変わります。
通常住宅では、日本では白系のクロスを選ぶのが一般的です。それは空間が広く見えるからです。
大きな1LDKのリフォームだった為色の制限がありませんでした。
そこで、今回は、特に青にこだわって造った物件のご紹介です。
shuuB2
床の色の具合も悪くはありません
(予算があれば、床も貼り直した方が良いですね)
特に、フランス系はかなり派手な色使いですが、床は大理石系の色を選ぶとかなり合っていきます。
shuuB6

もともと、設備備品はヨーロッパ調の物が配置されており
shuuB5shuuB3
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

shuuB4

単純なクロスカラーでは、雰囲気が出せないのでかなり高級なクロスではありますが、
贅沢に使用い、既存の設備に合わせて見ました。
shuuB1

基本青がベースのクロス工事ですが 色々な青がありテクスチャーが出る物件で
かなり古いマンションですが古さがアンティークに変化した物件です。

サーモウッドを利用した店舗用イーゼル看板

今回は、サーモウッドを利用した店舗用イーゼル看板を取り上げ紹介致します。

店舗に合う、イーゼル型の店舗看板です。サーモウッドは野外に強い・塗装が無くてもアンティーク感が出る為、
作成・納品致しました。仕様はマグネット式ホワイトボードです。

簡易型は黒板を使用した、小さな物は多々ありますが、
かなり大きい物を要望で市販では販売はされていません。

先ずは材のサイズを決定です。
今回、タイプA・タイプBを作成しました。
タイプAは完全なイーゼル型
DSC_0765

タイプBはLEDでホワイトボードが強調されるよう工夫した物です
DSC_0765

真ん中の物は、ウッドポケット(A4チラシを入れるそうです)
照明が付くとこんな感じです。少し明るすぎました。
DSC_0767

DSC_0768

先ずは、材の構成を検討です。

余り材の大きすぎるのはバランスが悪い為、

サーモウッドを裂いての材をとりました。
DSC_0755

ホワイトボードを載せ全体のバランス確認です。
DSC_0756

仮組をしたらこんな感じです。
DSC_0758

ヘッド部分を加工し・調整です。
DSC_0760

イーゼルはほとんどが3脚式です、
その為の足をつけていきます。
DSC_0762

足が、大地にがっちり着く様カット準備です。
DSC_0757

足のゴムをつけるとこんな感じです。
DSC_0759

出来上がりです。
角度をきちっと揃える事・
ホワイトボードの大きさ・
位置により重心が変化し、バランスが悪くなり、難しい作業でした。
DSC_0765

サーモウッドはその風合いからアンテェークが出ます。製作可能な物は製作いたします。(当たり前ですね!)

お気軽にお問合せください。

バーカウンター設置!!

今回、小さな店舗のカウンターを設置する事になりました。
元々、居ぬきの予定が、カウンターのみを持っていかれた様です。

今回の目玉はなんと言っても、一枚物のカウンターを店舗いっぱいに設置です
通常、ハリボテを作るのですが、思いっきり本格的にしてみました。

すごく苦労したのは、一枚物なので、店舗内で回転できなかった事です。
一度外に出して、再度入れ直しました。

DSC_0692

設置する前の状態です。
床のテープはどのラインにカウンターを設置するかのバミテープです。

DSC_0697

DSC_0698

先ずは、カウンターを垂れなくする為の子壁作りです。
ついでに、壁の穴も補修です。

DSC_0713

DSC_0700

カウンターの設置です。手前の保健所対応手洗いも付けてみました。

DSC_0702

DSC_0703

角の仕上げです。今回は、加工場で加工はせず(輸送中に傷が付くのが怖かった為)
現場にて、製作機械を持ち込んでの加工でした。
よって、大変綺麗です。尚、全体のバランスを考え面は大きくとりました。

DSC_0711

DSC_0712

後は、キッチンの出入り口を設置です。
自動閉鎖の金具があった為、扉の手掛けも含め、扉上部はこの様に致しました。

DSC_0716

ほぼ完成です。床はそのまま使用するとの事なので、お掃除して完了です。